2.(1)A【兼任承認】他の事業場の主任技術者に選任されている者の選任

既に選任されている事業場に加え、別の事業場の主任技術者の職務を行いたい場合、次の条件に適合する
場合に限り、兼任が可能です。
   
@ 兼任させようとする事業場の最大電力が2,000kW未満かつ受電電圧が7,000V以下。
A 兼任できる事業場数は、選任されている事業場を含めて6カ所以内。
B 同一又は同系列の会社若しくは同一敷地内にある事業場であって、両設置者間で別途、
 「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)」の要件を満たす契約を締結していること。
C 第1種、第2種、第3種電気主任技術者免状の交付を受けていること。
D 常勤場所又は自宅から2時間以内に到達できること。
E 電気事業法施行規則第53条第2項第5号の頻度に準じて点検を行うこと。
F 電気主任技術者に連絡する責任者が選任されていること。  
   

電気主任技術者の兼任承認に係る基準は、「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)」をご確認ください。
   
  【申請に必要な書類(様式)】
  ・主任技術者兼任承認申請書
  ・主任技術者免状の写し
  ・社員であることを確認できる書類
  ・執務に関する説明書
  ・兼任を必要とする理由書