2.(3)工事計画・使用前安全管理審査

 電気事業法施行規則に規定する電気工作物の設置又は変更の工事については、工事着手の30日前までに工事計画届出の提出が必要です。
 この場合、工事の計画に従って工事が行われたこと及び技術基準に適合するものであることを確認するために、使用前自主検査を実施し、使用前安全管理審査を受審する必要があります。
   
 【工事計画の対象工事】
   電気事業法施行規則第65条に係る別表第2に掲げる工事を実施する場合、工事計画の届出が必要になります。
    @ 工事計画の対象工事(需要設備)     
   
 【工事計画の要否判断について】
    A 工事計画届出等又は環境アセスメントの要否の判断に係る「同一発電所」及び「同一工事」に該当する
       か否かの判断の目安について  
   
 【工事計画届出に必要な書類】
   電気事業法施行規則第66条に規定する書類の提出が必要です。
    B 工事計画届出書に必要な書類  
   
 【工事計画の届出時期】
   工事着手の30日前までに工事計画届出の提出が必要です。  
   
 【使用前自主検査の実施時期】
   使用前自主検査は、工事の計画に係るすべての工事が完了した時に実施します。
   
 【使用前自主検査及び使用前自己確認の方法の解釈】
   工事の計画に従って工事が行われたこと及び技術基準に適合するものであることを確認するために、
  使用前自主検査及び使用前自己確認の方法について、解釈が定められていますのでご確認ください。
    C 電気事業法施行規則第73条の4に規定する使用前自主検査及び規則第76条に規定する使
      用前自己確認の方法の解釈
   
 【使用前自主検査要領書の作成】
   検査体制の構築や検査方法等を明確にするため、使用前自主検査要領を作成していただき、手順に従い、
  確実に検査を実施していただく必要があります。使用前安全管理審査に係る審査基準をご確認のうえ、
  使用前自主検査を行ってください。
    D 使用前・定期安全管理審査実施要領  
   
 【使用前安全管理審査の申請】
   使用前自主検査の実施後、記録の整理を行った上で、使用前安全管理審査を申請いただきます。
  申請後1ヶ月程度を目安に受審いただきます。需要設備等の工事の場合、申請後に納入告知書が郵送されますので、
  受審前に所定の金額を入金してください。
    E 使用前安全管理審査申請書     
         F 使用前自主検査要領書及び検査成績書(2部)
   【オンライン審査のガイドライン 】
   以下のガイドラインの要求事項を満たす場合には使用前・定期安全管理審査をオンラインで実施することが可能です。
         G 使用前・定期安全管理審査を目的としたオンライン審査実施ガイドライン